読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯉の背中

鯉の背中

まひる

鯉の背中を 見つめていると

遠い 異国のことが思われる

哀しい 母親たちのことが思われる

日本でも 戦争を起こすことを

たくらんでいるひとが 多くいる

一方で 子育てに追われている 母親がいるが

手塩にかけて育てたこどもを 兵隊に取られ

よろこぶバカ親などいない

むかし 日本にも戦争があり

多くの日本の若者が むごたらしく人を殺め

むごたらしく 汚物のように死んでいった

いつか必ず 日本にもふたたび戦争が起き

また 何も知らない若者が 銃を持って

汚物のように 死んでゆくだろう

笑ってみている者もいる

戦争ほど はたで見ていて 面白いものはない

領土拡大によろこぶ者もいる

戦勝気分にうかれる者もいる中で

母親だけが うかれていない

彼らには 人を殺め

汚物のように むごたらしく死んでゆく

こどもたちが 見えるのだ

まひるの いまも

水のなかで

鯉は 気持ちよさそうに 泳いでいるが

世の中では いままさに

泣いている人がいることを

ふつうのひとは 想像もしていない

明日は我が身だということを

想像もしていない

20170328

糸川草一郎

広告を非表示にする