読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Facebookより3月25日

自分のことばかりで

他を思いやることを忘れた人が多くいます。

これはとても貧しく悲しいことですね。

あなたは出会う人すべてが、

最高の気分になれるように、

慈しみを込めて人に接してみてください。

多くの人は思いやりと

優しさに飢えているのです。

あなたの慈しみが

微笑みや、言葉や、態度に

あらわれるようにするのです。

それがあなたの人生を価値あるものにします。

いずれ、あなたの思いやりと優しさが

善業善果となり幸福をもたらすでしょう。

.

釈尊は思いやりと優しさである慈しみを

以下のように説かれました。

「あたかも、

母が已が独り子を命を賭けて護るように、

そのように一切の生きとし生れるものどもに対しても、

無量の慈しみの意を起すべし。

また全世界に対して無量の慈しみの意を起こすべし。

上に、下に、また横に、

障害なく怨みなく敵意なき慈しみを行うべし。

立ちつつも、歩みつつも、坐しつつも、臥つつも、

眠らないでいる限りは、

この慈しみの心づかいをしっかりとたもて。

この世では、

この状態を崇高な境地と呼ぶ。」

- 仏陀の言葉より -

広告を非表示にする