読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなちょびっと軽くなったよ! 重力値基準更新

◆〜あなたの体重がほんのわずか変わります〜

 日本の重力値の基準を40年ぶりに更新

 http://www.gsi.go.jp/buturisokuchi/gravity_JGSN2016.html

 みんな、ほんのちょっとだけど軽くなったよぉ!

 (日本)

 ↑

 どれくらいかと言うと…

「最大で地上での重力値の-1×10-5%(-0.1mGal)程度で、これは60kgの体重がヤブ蚊数匹分(約0.006g)軽くなったことに相当」だそうです。(爆)

 重力値の変化で、精密な電子秤などは校正が重要ですよね。

 「重さ」ひとつ計るのも大変です。

 いや重さの定義とか言われるとまた…ゴニョゴニョ… (^^ゞ

 http://www.aandd.co.jp/adhome/products/balance/tecdoc_notes_08.html

 重力値は、他にも「標高」や「活断層」の調査や「資源探査」にも利用されているのだそうです。

 それにしても、富士山によって重力異常とか、小笠原はバミューダ・トライアングル(ドラゴン・トライアングル)だとか(120°ごとに分布しているんですって…どゆこと?「ムー」的問題?伊豆−小笠原弧のプレートテクトニクスによるものじゃなくて?バミューダと違う気がするんだけど)、私にはぜんっぜん分かりません。(^_^;)

 ちなみに、静岡県西部に重力観測点が多いのは、以下の理由。

「2001年春頃から東海地域西部において、国土地理院のGPS観測結果にそれまでと傾向の異なる変化が見られています。この地殻変動を注意深く見守る必要があるため、この地域の地殻変動情報を掲載しています。」

 http://cais.gsi.go.jp/tokai/

 なお、日本各地にある重力観測点ですが、多くは国土地理院の基準点で併せて重力測定することが多いとのこと。

 それで「重力点」として一般人が見られるのは、大学構内や空港などの限られた場所になるそうです。

 その少ない中で、私も訪れたことがあるのが北大総合博物館。

 ここの1階に一等重力点があるとのこと。

 しかし、見た覚えがない!(T_T)

 最初に訪れた時には展示物に熱中して閉館時間になって追い出された状態だったし、その後も何度か訪れましたが、結局いつも似たような状況?(^^ゞ

 奥が工事中だったこともあったかな…。

 奥の階段下だそうですが、もしかしたらそちらまで行っていない可能性大!?ミュージラムラボの方ですか…いつもたどり着いていないかも。(T_T)

 今度訪れたら、しっかりチェックです!

◆総合博物館、重力を測る

 http://costep.open-ed.hokudai.ac.jp/like_hokudai/contents/article/1025/

北海道大学総合博物館

 https://www.museum.hokudai.ac.jp/

北海道大学総合博物館Facebookページ

 https://www.facebook.com/museum.hokudai

国土地理院 重力測量HP

 http://www.gsi.go.jp/buturisokuchi/gravity_index.html

・重力を知る

 http://www.gsi.go.jp/buturisokuchi/gravity_menu01.html

・重力を計る

 http://www.gsi.go.jp/buturisokuchi/gravity_menu02.html

国土地理院 on Twitter

「【リリース】本日、日本の重力値の基準を40年ぶりに更新します。重力値は、正確な標高の決定、活断層調査や鉱物資源探査での地下構造の推定、はかりの校正など、さまざまな分野で活用されています。詳細はこちら→

http://www.gsi.go.jp/buturisokuchi/gravity_JGSN2016.html

https://twitter.com/GSI_chiriin/status/841939298660286467

#重力値 #重力点 #重力 #国土地理院