読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフルエンザ2

■木曜日…仕事を休む。医者からは熱が高いときは食事は無理してとる必要はない。ただし水分はたっぷりとるように言われた。熱で水分が失われるからだろう。

もう、熱はない。やや頭痛がのこっているが。

午前中はDVDをみたり、本を見たり…して過ごす。

昼からも似たようなことをしていた。

■金曜日

木曜日の疲れ?からか身体がだるい

朝食後、睡眠

起きたときにスマホでインフルエンザとは一体何か調べる。

というのは

インフルエンザは菌ではなく

ウイルスであることは知識として持っている。そのウイルスをどんなメカニズムでリレンザは退治してくれるのか知りたくなったからだ。

どうもインフルエンザウイルスは

生命ではないらしい。厳格に生命の定義が学会で成されていないため曖昧らしいのだが、自らを増殖(次へ命を繋ぐための生殖)する努力はしない。だから生命とは呼べないらしい。

ある特定の生き物の特定の部位に付着し相手の細胞をだまし、自分と同じものを作らせる。そして、外部に放出させる。

インフルエンザの場合、くしゃみや鼻水、咳という風邪症状で外部放出をする。

これを防げば他人に移ることは防げる。

広告を非表示にする